夢研究会



 夢の分析とは単に解読する、解釈するだけではなく、それに含まれる感情、意味を膨らませ、味わう、、、そこから得られる情感(たましいの震えと言っても良いかも?)を体感し理解する、こうすることで心が潤いを取り戻す。 「分析」という言葉を使っているので、なにか、こう、論理的に分解して行って医者の診断みたいに「これはこう、これはこう」と断定的な判断、診断を下(せる場合もあるが)すものであるかのように思ってらっしゃる方は多いと思いますが、上手く言語化できない思いや考えなどがかたちになったものが夢ですので、この「非言語的なものを言語化する」というプロセスは自ずと物語りになるのです。



 意味を膨らませ、味わう為には、神話、お伽噺、民話、伝説、伝承、物語り、などの中に見出せる普遍妥当性のあるモチーフ(話素)と照らし合わせ、比較検討を加えることが重要な手続となります。

 実際の個別の分析では、これ(普遍妥当性のある元型的モチーフ)とその個人の個性的意味との繋がる点、繋がらない点を考察し、更に繋がらない点を「今は繋がらないかも知れないけど、将来的に繋がる方が望ましいんではないだろうか?」と問題提起をしたところで考察を深めて行きます。

 しかし夢の分析を継続的に受けて行くとなると(これが望ましいといえ)それなりの出費を覚悟しなければなりません。 通常、夢の分析料の相場は¥6,000〜¥15,000で、月4回として¥24,000〜¥60,000/月、掛かる計算になります。 これを半年〜2年(ケースによればこれ以上)継続して行くのですから、経済的に余裕が在るのでなければ、切迫している問題を抱えているでもない限り出すのに勇気の要る金額である事は事実です。

 また、自分で考えるだけの余力が在るという方もおいででしょう。

 夢の分析、解釈をするには、上述のような知識(近代的知識だけでは不充分で、太古的な智恵が必要)が必要とされますし、考え方も現代的論理思考だけでは通用しません。





 そこで「自分で考えてみたい」という方に向けて「夢研究会」と題して、夢の読み解き方をレクチャーする場を下記のように設けています。

 日時、場所、募集枠などの詳しい情報は、携帯電話:090-8161-7302またはFax:06-6694-4211、E-Mail:yumesaki@mono-style.comまでお問い合わせ下さい。 お気軽にどうぞ。

物語り研究所「夢前案内人」:

開催曜日:
現在募集中につき調整中
時間枠:
現在募集中につき調整中
形式:
グループ・ディスカッション形式と個人レッスンいずれか選択可
費用:
¥3,000/2時間(グループ) ¥3,000/1時間(個人) 専門性の高い場合は¥1,500アップ
募集定員:
5名程度/各時間枠
場所:
大阪市住吉区苅田6-16-16 苅田サンハイツ101号 物語り研究所「夢前案内人」
電話:
090-8161-7302 担当/庄司拓哉
問い合わせ:
上記または Fax:06-6694-4211 または E-Mail:yumesaki@mono-style.comまたはこちらの送信フォームから 担当/庄司拓哉 受け付け随時
 この他に、企業、団体、学校、教室、等での心理学講座開催のご依頼も受けしています。

 詳しくは、携帯電話:090-8161-7302または Fax:06-6694-4211、E-Mail:yumesaki@mono-style.comまでお問い合わせ下さい。 お気軽にどうぞ。

最終更新日:2012年4月20日

Trackback URL

Trackbacks

Comments

Facebook Status

  • Retweeted nori (@forownway): 昨日の専門家会議を見、移転賛成派の方の涙ながらの訴え、「小池さん政治利用しちゃいかん。豊洲に行って皆で問題を解決するんです」 対する反対派の言い放った「便所(豊洲)で握った鮨は食えない、福島のの魚は売れない」 皆さん、これが築地の、真っ当な商売人と、共産移転反対派の、主張です

    13:58:02 - 2017/03/21

  • Retweeted jo shigeyuki (@joshigeyuki): 地方行くと「俺は◯◯市長とつーかー」「◯◯大臣は同志」みたいな社長さんたまにいてみんな適当に流してるんだけど、本気にして社会的信用かけて呼び出す人達が国会に生息していることは中々興味深い。

    15:00:42 - 2017/03/18

  • RT 豊洲問題はもう終わった(おときたさんへのコメント) - アゴラ https://t.co/qJghV3OD7t

    15:08:54 - 2017/03/04