カテゴリー:ロジカルシンキングのすすめ

放射線研究、生物学の専門家の方へお願い

Comments (0) | Trackbacks (0)

専門家もしくは専門家発表の論文等の情報をご存じの方へお願い。 以下の情報を知りたく、もし存在するなら、その情報自体または情報へのアクセス手段をご教授下さい。 「人体への健康リスク」を基準としてした場合(同程度の人体への健康リスクで見積もった場合)の、 「放射性物質」 「石炭燃焼に伴う廃棄物(排煙等も含む)」 「石油燃焼に伴う廃棄物(排煙等も含む)」 それぞれの、自然環境へ暴露された場合の、 生態系全体への悪影響度の評価

橋本行政改革の胆(キモ)の部分

Comments (0) | Trackbacks (0)

20120115 報道ステーションSUNDAY 橋下市長が生出演 part1 投稿者 kigurumiutyuujin 何かと話題になっている2012年1月15日 報道ステーションSUNDAY 橋下市長が生出演 橋下徹市長と山口二郎教授の討論。 【報ステなう。】報道ステーションサンデー「橋下徹×山口二郎」感想まとめ - Togetter : 「橋下氏完勝」とか「山口教授フルボッコ」とか橋下氏の痛快な物言いに溜飲を下げる気持ちはわからなくはないが、そういう痛快さに喝采を送るのがナチスのマッチポンプになった事は忘れてはならず、あまりそういった方へ力点が行って欲しくない。[1] 池田信夫氏が端的に、また大西宏氏はより細やかに分析指摘してくれているが、私なりにな ...続きを読む

御用学者の正体は?

Comments (0) | Trackbacks (0)

放射線被ばく基準の意味 : Global Energy Policy Researchhttp://www.gepr.org/ja/contents/20120109-01/ 「A:無責任な発言をする人」 と 「B:責任ある発言をする人」 このどちらを信用しますか? と訊かれて前者と答える人はまず居ないでしょう。 「2mSv余計に浴びると、200万人の福島県民のうち、がんで亡くなる人が200名増える」と言っていて、その通りにならかった場合、こう発言していた人は「そうならなくて良かったじゃない」と言うだけで済ませれる。責任を問われることはまず無い。 反対に「被曝量100mSv以下では日常的にありふれたリスクの方が大きいので、事実上問題は無い」と言っていて、 ...続きを読む

リスク管理とは:或る科学ジョークを引いて

Comments (0) | Trackbacks (0)

『原発危機と「東大話法」』:池田信夫氏「安冨歩氏への反論*」の分析(1)〜(5)http://ameblo.jp/anmintei/entry-11132924003.htmlリンクは(4)へのもの 池田信夫 blog : 安冨歩氏の知らないリスク・コミュニケーション*http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51767689.html ニ氏のやり取りを一通り読んで、或る結構有名な科学ジョークを思い出した。 男性の数学者とエンジニアを女性と一定の距離で向かい合わせて 「じゃんけんで勝ったら、彼女との距離の半分進むことができる」と告げたら、 数学者は「それじゃあ永久にじゃんけんを繰り返しても彼女との距離をゼロにできない ...続きを読む

除染問題とイジメ

Comments (0) | Trackbacks (0)

 あまりに下らない内容の番組(ニュースも含む)が多いので、あまりTVを観なくなっているのだが昨日久々にニュースを観ると、除染することがいつの間にか既定路線になっていて、どの範囲を除染するのか、除染する基準値の話になっている。 [1] 池田信夫氏などが何度も指摘しているように、福島第一原発のごく近い範囲(以下マップの赤色および半径10km圏内)を除くと健康に害をもたらす可能性は事実上ゼロ[2]・・・つまり除染の必要など無い(除染を正当化する科学的根拠は無い)のにも関わらずだ。  よく落ち着いて考えてみて欲しい。国や地方自治体が動き出すのを待てずに自腹で自宅を業者に頼んで除染している人が散見されるというニュースを。 洗い流した汚水は下水道を経由して最終的には ...続きを読む

確かに理性ではない何かが反応している

Comments (0) | Trackbacks (0)

この記事及び、この記事の元になっている記事それぞれのコメントのやり取りも含めて全部読んで、、、 確かに "論理的" には車内での携帯電話通話をあんなに忌避する合理性は認められないと思う。 論理的ではないなら感情・情緒の問題だと思われる。 実際、筆者に執拗に反論を加えようとしてる方々のコメントは総じて感情的だ[1]。 未だガラパゴス化を撤回できず - 政治・経済・医療・地球温暖化の常識に挑戦する - Mutteraway 時事問題 を語るブログhttp://bobby.hkisl.net/mutteraway/?p=3955 日本人の感性はガラパゴス化している - Mutteraway 時事問題 を語るブログ - BLOGOS(ブロゴス)http://ne ...続きを読む

Mac(またはApple製品)は「直感的にわかりやすい」の嘘

Comments (0) | Trackbacks (0)

2009年11月にmixiの日記に書いた内容の転載です。 S.ジョブス 追悼の代わりに。 探し物をしてたら書きかけで放置していたまま忘れていたのが出て来た。 話題的に今アップしても機会を逸していないと思われるのでアップするざんす。 書きだし部分は書いた当時のままですが、そういう経緯なのでとご了解下さい。 -----------------------------------------------------------------------------  キッカケは、お盆休みの暇にあかせて特に当てなく適当にネットサーフィンしていて、iPhoneに対する世情の評価はどんなもんじゃろか調べてみようと思い立ち、賛否両論あれこれ広く目を通してみようと色んなペ ...続きを読む

狂人と賢者を分ける線

Comments (0) | Trackbacks (0)

かっての日本軍の体質を戦後に継承していたのは「革新陣営」だった。では、その日本軍の体質とは?: 竹林の国から http://sitiheigakususume.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-6d73.html  この記事が参照とし、この記事を書く発端となったと記事中に明記している 「池田信夫 : 脱原発という「空気」 : アゴラ → http://agora-web.jp/archives/1382641.html」 へのトラックバックから池田信夫氏が「一読推奨」とtwitterで本記事を紹介していたのに機会をもらって読んでみた。  その主論旨は主論旨で「なるほどなぁ」と考察を深める良い情報を与えて貰えたと思うの ...続きを読む

"個" の思想は欧米礼賛なのか

Comments (0) | Trackbacks (0)

 気になる(流すわけにいかないと思う)tweetをタイムラインで見付けたのでコメントするです。  このつぶやきを発したご当人個人をどうこう言おうというのではないので発言者は明記しません。 みんながみんな「やりたいこと」を見つけなきゃならない社会、みんながみんな「個」を主張しなきゃいけない社会って、息苦しくないか?この記事のような欧米の価値観礼賛が逆に日本にニートを生んできたのでは。http://www.madameriri.com/2011/09/12/  この発言の何が気になるか。それは、こういう「欧米に追いつこうとしている(欧米を手本とする)日本」という構図で日本社会を捉え「西欧的 "個" の思想ってそんなに素晴らしいものか?」という懐疑を投げ掛ける ...続きを読む

なぜ安全性を自分たちで担保しないのか

Comments (0) | Trackbacks (1)

予め断っておくと私は大阪在住なので以下は関西電力に関しての(に向けた)話です。 とは言いつつ、東電管内の話とは事情が違う部分もあるだろうが本質的問題としては同じなのではないか?と思いつつ書きます。 「関西電力からの節電のお願い」というCMが毎日流されている。 TVのニュースで毎日の電力需給予想も告知されている。 これを観て、「実際問題として節電が必要とされている切迫した状況にあるという話ではなく、ムードとして"電力供給が逼迫している" かのようなイメージを流し → 稼働停止状態にある原子力発電所の稼働再開を実現しないと "近い将来困った事になる" との連想を促し → 停止している原子力発電所の再稼働も止むなしという "ムードとしての世論" を誘導しようと ...続きを読む