iPhoneでQRコードを読み込ませてそのままお持ち帰り

昨日Appleストアに行ったら面白いシステムを導入している案内を受けた。

Apple Store

Apple Store (無料)
(2013.10.08時点)
posted with ポチレバ


予めApple ID にクレジットカード情報を登録している前提ではあるが、陳列してあるヘッドフォンとか「あっ、これいいな」と思って買う決心をしたら、レジに向かう必要はない(というか、そもそもAppleストアにはレジ・カウンターは存在しない [1] )、近くのストア・スタッフを探す必要もない。 iPhoneアプリの「Apple Store」を立ち上げてカメラに商品のQRコードを読み込ませて「決済ボタンを押すだけ」。 これで購入手続きが完了という具合だ。
商品に添付されているICタグを読み取って、購入済みなのを確認するので、ストア出口を出る時にセキュリティ・チェックに引っ掛かるという余計な心配もない。つまり、そのまま持ち帰れるということ。
(運悪く購入情報を処理しているサーバがダウンしていてセキュリティ・チェックに引っ掛かかってしまうという可能性はゼロではないが)

この秋にリリース予定の新iOSには決済システムが搭載されると既にアナウンスされている。これに向けての先行実験(実際に運用してみてノウハウを蓄積する)なのだろう。

2012年7月27日 04時06分 追記:

  • – Apple Storeの店内にいれば、EasyPayを利用してアクセサリをすぐに購入できます(iPhone 4またはiPhone 4Sが必要です)。
  • – Apple Storeの店内にいる場合は、スタッフを呼んだり、予約した内容の受付をしたり、スペシャリストやトレーナーとの待ち合わせができます。

アプリの説明で上記の通りになっており、Apple Store 店内に居ないと、そもそもこの項目自体がアプリに出てこないみたいです。

——–[ 脚注 ]—————-
  1. ショップのディスプレイ・テーブルの要所要所にキャッシュ・ディスペンス機能を仕込んであって、非公開のストア・スタッフ専用iPhoneアプリをスタッフが操作すると(Bluetoothe経由?)キャッシュ・レジスターとして機能するという、システムを採用している
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.
One Response
  1. Mihoko Sakai より:

    東京だったかで、柱のポスターを写メするだけで実際の買い物できるシステムのニュースをやってたよ。どこが主体か記憶にないが。
    私はレジスターレスの引き出しぱっこんも近未来じゃなくて好ましかったが。笑。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。