[Mac OS X] PDFを面付け(ページ割)して両面印刷できるようにする

個人的な用で「両面印刷前提で面付け(ページ割)をしてくれるソフトは無いかな」と探していて丁度よいものを見付けました。
この件でGoogle検索してみると結構同じニーズをもっている方は居るのに、なかなか丁度よい情報を掘り当てるのに苦労しましたので、同じく苦労される方の減ることを願ってのエントリーです。
仲間内の冊子や小規模にパンフレット等を自家生産する時など、高価なプロ用DTPソフトを買うほどではないという方向けに調度良いと思われます。

Create Booklet 1.1 support Snow Leopard

ソフトの使い方自体は実に簡単で、Mac OS X のシステムのプリント・メソッドにアドオン的に組み込まれるかたちを取っており、プリント・ダイアログ内から操作すると面付けしたPDFファイルを生成し、プレビュー.appが起動して結果ファイルが表示されるという具合です。ここから直接プリントアウトするなり、別名保存すればO.K.

ただ、ドイツ人作者(横書き文化圏)によるものなので例示のように縦組みの右開きの冊子を作りたい場合、ちょっとした工夫が要るので具体的に示します。

横書き(左開き)で構わないのなら例えばウェブ・ページをSafariで開いたものでも実行でます(確認済み)が、右開きにしたい場合は基本的には原稿ファイルはPDFで書き出して下さい。

  1. 書き出したPDFを開いたところ。ファイルを開いたところ画像

  2. 次に右のサイドバー(ページの一覧が表示されている箇所)をクリックをし(一度改めてクリックしないと上手くいきません)「command + a」で全選択。全選択状態画像

  3. 全選択状態で「時計回りに回転」(または反対に「反時計回りに回転」)を二回実行して上下逆さまに。時計回りに回転画像

  4. 上下逆さまになった状態。逆さま画像

  5. プリントを実行してプリント・ダイアログを開き、ダイアログ内左下の「PDF▼」というボタンをクリックして出るメニューから「Create Booklet」を実行。Create Booklet実行画像

  6. すると、暫らく待っていると面付けされたものが別ファイルとして開く。面付け完了後画像

  7. このままでもプリントアウトするのは差し支えない。が逆さまのままだと気持ち悪い人は、再度右のサイドバーをクリックして全選択し「反時計回りに回転」(または反対に「時計回りに回転」)を二回実行して元に戻す。面付け完了後反転復帰後画像

2012年4月9日18時35分追記:
奇数偶数ページのみプリント画像両面プリントにしたい場合は「奇数ページのみプリント」でプリントアウトし、原稿を裏返しでセットし直して「偶数ページのみプリント」を実行。
「奇数/偶数ページのみ…」はプリント・ダイアログ中の「用紙処理」項目内「プリントするページ」で選択できます。
(プリンターの仕様によっては原稿の吸い込み順&向きの関係から一方(奇数ページor偶数ページ)は逆順プリントにしないといけない可能性があります。一ページ当たり刷り枚数が多い場合はページ毎に区切って印刷していった方が良いかも知れません)

2014年6月13日 02:03 追記:
作者さんが配布ページを閉めてしまったみたいで上記URLはデッドリンクになっています。
download.com のサイトからは、まだダウンロードできます。これもいつまでダウンロードできるかはわかりませんが。

Create Booklet for Mac – Free download and software reviews – CNET Download.com
  http://download.cnet.com/Create-Booklet/3000-2088_4-86349.html

当方環境:OSX Mavericks 10.9.3 に於いての現段階では正常に動作しています。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。