タグ:個性化

新聞社と愚かな大衆という共同正犯

Comments (0) | Trackbacks (0)

特定秘密保護法案を巡ってのマスコミの反対の大合唱の茶番劇ぶり、また、これに踊らされて3000人以上もの人権派を自認する学者たちが声明を発表して、その“人権派”というのが如何に薄っぺらなものであるかを自ら露呈してみせたという点は多くの冷静な人達の嘲笑の的になったので改めて云々する必要はないと思います。 ただ、これに関しての以下に引用する池田信夫氏の記事内の記述で、改めて取り上げて強調しておくべきと感じた点を述べます。 日本のメディアは国家権力と闘ってきたのか? 特定秘密保護法案に反対する記者クラブの偽善:JBpress(日本ビジネスプレス) http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39365 それは「読者が不買運動を始め、 ...続きを読む

コッポラの胡蝶の夢 [映画評]

Comments (0) | Trackbacks (0)

この記事はfacebookのタイムラインに9/9に投稿したものに加筆修正した転載です。 立川志らくさんが大大大推奨してたのだが映画館での上映は結局東京の(名画座的な)一館のみで終わってしまい、仕方なくDVDは結構前に入手してたのだが、気軽に観れる映画ではなく迂闊に観ないほうが良いと思って今日に至っていた。 観られる条件(心情的なものも含む)が整ってやっと鑑賞した。  良かった。 流石コッポラ。 流石ルーカスの師匠なだけあると思わせるルーカスに通底する構成のセンスを随所に感じた。 我々人間が「我」と思っている自我意識と呼ばれる(呼んでいる)もの自体が突き詰めればフィクションである。そのフィクションが実在だと思い込める一つの大きなファクターが「時間」。 時の ...続きを読む

なぜいじめはなくならないのか 続1

Comments (0) | Trackbacks (0)

先日のエントリーの続きです。 なぜいじめはなくならないのか « 心理学エッセイ | 物語り研究所「夢前案内人」先のエントリーで「動物の世界を謙虚に観察すれば分かる通り、集団性動物でかつ高等生物ほどいじめの様式が確立される傾向にあり」と書いた。 動物行動学(生態学)に或程度以上詳しい人ならご存知の通り、動物の世界のそれは「いじめのパターンA」に対して、こういう反応を返すといじめ行動がストップする「対応するパターンa」が必ず存在し、この対によって集団の秩序が維持されているという「行動様式(行動のお約束)」が存在するのである。 だから、この「お約束」を守った行動をする限りにおいていじめがエスカレートすることはないのである。(「お約束」通りの反応を返したのに「お ...続きを読む

なぜいじめはなくならないのか

Comments (0) | Trackbacks (1)

この問題を抜本的、包括的に、また広く説得性のある論理を展開出来るほど問題自体が簡単ではないし、また、私の考えもそこ遥かに及ばない低レベルにしか錬れていない。この意味で看板に偽りありのエントリーです。 今段階書ける(言語化できる)だけの範囲を書くと、 まず実践面(実用面)でいえば、「傍観者の排除」これが取り敢えず「手が付けやすくて」「実効性がある」という意味で大事。 より具体的にいえば、傍観者でいること自体が加担者なのであるという点、傍観者でいること自体が罪であるということを社会的コンセンサスとしてきちんと確立するべきである。 ここでいう傍観者は、文字通り傍観者・・・見て見ぬフリをする者、遠巻きに傍観しているだけの者・・・だけでなく、直接加害には加わらない ...続きを読む

流動性とは「バリアフリー化」されているか否か

Comments (0) | Trackbacks (0)

大筋同意できる。特に「雇用の流動性のなさ」の問題は大いに同意できる。 若い世代でネガティブな労働観が増えている! お金儲けは悪だと洗脳され、会社ギライが多い日本人|これからの日本について、自分のアタマで考えよう!|ダイヤモンド・オンラインhttp://diamond.jp/articles/-/16881 それだけに「英語ができないと・・・日本語しかできない人が多いのは問題」的な締めになっているのはどうなのかなぁと思う。英語ができないよりはできた方が良いに決まっているが、「できる or できない」の問題ではなく「世界に対して何処までリーチできるか」の問題が大事・・・つまり単に英語理解力/会話力が身に付いているだけでは大した意味なくて、その後の「それで? ...続きを読む

The Enemy Within

Comments (0) | Trackbacks (0)

ソースごと丸々コピー。・・・って、引用の域を遥かに超えて「他人の褌で相撲を取る」以外の何物でもないのだけど、 恐らく「読んでほしい人はリンクをクリックして(新たなページを開いて)まで行動を起こしてくれない」と思っちゃう(単なる老婆心?)ので[1] 、こういう手段に出させて頂きます。無作法ご勘弁を > 弾さん (一番読んで欲しい人は、そもそも本サイトに興味すら示さないだろう、、、と言ってしまえば身も蓋もないけど) MixClips経由で見つけた記事なのだけど、実はWikipediaのコピペ。 26 Reasons What You Think is Right is Wrong List of cognitive biases - Wikipedia, t ...続きを読む

将来の出来事を正確に予測する人に自分の情動や感覚に高い信頼を置いている人が多い

Comments (0) | Trackbacks (0)

自分の情動や感覚に高い信頼を置いている人ほど将来の出来事を正確に予測する! | 現代ビジネス [講談社]http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31975 或る種の、それも大いなる誤解を呼ぶ伝え方で、この意味で間違っています。 正しくは「将来の出来事を正確に予測する人に自分の情動や感覚に高い信頼を置いている人が多い」です。 言い換えると、高い信頼を置くに足る『「洗練された」情動や感覚』を持っている人は将来の出来事を正確に予測する人である可能性が高い、ということです。 つまり『"高い信頼を置くに足る"「洗練された」情動や感覚を持っている』かどうかが最重要ポイントで、これはつまり、意図してかせずかは何れにせよ、情動や感覚が洗練 ...続きを読む

橋本行政改革の胆(キモ)の部分

Comments (0) | Trackbacks (0)

20120115 報道ステーションSUNDAY 橋下市長が生出演 part1 投稿者 kigurumiutyuujin 何かと話題になっている2012年1月15日 報道ステーションSUNDAY 橋下市長が生出演 橋下徹市長と山口二郎教授の討論。 【報ステなう。】報道ステーションサンデー「橋下徹×山口二郎」感想まとめ - Togetter : 「橋下氏完勝」とか「山口教授フルボッコ」とか橋下氏の痛快な物言いに溜飲を下げる気持ちはわからなくはないが、そういう痛快さに喝采を送るのがナチスのマッチポンプになった事は忘れてはならず、あまりそういった方へ力点が行って欲しくない。[1] 池田信夫氏が端的に、また大西宏氏はより細やかに分析指摘してくれているが、私なりにな ...続きを読む

尾崎豊を引き合いに出して語る朝日新聞の社説

Comments (0) | Trackbacks (0)

尾崎豊を引き合いに出して語っている朝日新聞の社説が「痛い」とtwitter上で話題になっている。 社説 http://www.asahi.com/paper/editorial20120109.html?ref=any#Edit2 確かに痛いと思う。しかし私がこう思うのは朝日の社説のみならず「痛い」と宣っている意見の殆どに対しても。だ。 あれほど多くの人に受け入れられ支持されていた、とみえていたののに、これほど多くの人に尾崎豊の主張が理解されていなかったのだと分かり愕然としている。 (もちろん、尾崎ファンの人全ての発言を読んだわけではないし、そもそも尾崎ファンの人全てがtwitterで発言しているわけではないだろうから、期待も含めてその他の多くの人は理解 ...続きを読む

談志は天才肌と評して褒めているつもり?

Comments (0) | Trackbacks (0)

また惜しい人を一人亡くした。 立川談志師(以下敬称略)である。 彼を天才と呼ぶのは簡単である。実際、天才性は備えていたが。 落語の、というか、噺家の一番大事な真髄だと言える『「キチガイ性」と「理性・知性」のバランス』これの巧妙さが生死を分けるということを誰よりも理解して、また体得するべくの飽くなき戦い(葛藤)を生涯やり続けていた稀有な人である。 これが「噺家を噺家たらしめる」一番肝心な部分で、これをわかっていない噺家のしているのは「単なる古典芸能」でしかない(つまり、「過去の素晴らしい遺産」として保存はしていく価値はあるだろうが保存する以上の価値はないという意味[1] 新作の場合は「着物を着て座布団の上で演ってる漫談」[2] )。 この「キチガイ文化」が ...続きを読む

中国化する日本 (著)與那覇 潤

Comments (0) | Trackbacks (0)

…かといって、歴史も含め後世に残る情報という次元での情報を為政者が或程度以上コントロール出来ていた時代じゃなくなったならば事実を我々が見通せるようになったのかというと、情報については自由度がかなり上がったと言えるインターネットが普及した今の時代になっての状況は、デマ情報も結構多いという事実は脇に置いても(事実だと判断される情報だけに話を絞り込んでも)「情報の断片」ばかりがやたらに多いという状態。その情報自体は事実であるとしても、それらを只むやみに寄せ集めても真実に近付けないのからも分かる通り、情報を見通していくための知恵というか着想のようなもの(事実をうまく繋いでいける糸のようなもの)が大事なのである。 [amazonjs asin="4163746900" locale="JP" title="中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史"]この意味で本書は非常に有効な着想を提供してくるものだと言える。 著者本人がtwitter上で「登ったら捨ててよい梯子のようなもの」と発言しているように「歴史を読み解くためのツール」として実に有用。 その行き着く先という意味に於いては後者の姿勢でも、その先で前者「いま私が生きている意味」「これからも生き続けていく意味」に繋がってくる処が歴史の面白いところ ((余談だが映画「タイム・ライン」は面白いでっせ)) 。続きを読む

大阪市政のこれから…橋下氏と平松氏

Comments (0) | Trackbacks (0)

私は橋下氏および大阪維新の会支持である。 その実現しようと提言している内容も概ね賛同できる。 細かい点に於いては異論点も無くはないが、一番肝心な点で橋下氏は○、平松氏は×だと判断を下している。 この根拠として先ず以下を精読頂きたい。 池田信夫 blog : 効率の高すぎる政府http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51292556.html この記事で述べられている旧来型の日本で主流の組織、集団のあり方「閉じた系の中での "ご互さんゲーム"」が既に時代の趨勢として通用しなくなっている(それが寧ろ経済停滞の主原因になっている)システムであるという点は国政だけでなく大阪市政、大阪府政に於いても全く同様に当てはまる問題で ...続きを読む


Facebook Status

  • Retweeted 堀江貴文(Takafumi Horie) (@takapon_jp): もう完全に泥沼化ですね。築地の土地は塩漬け。豊洲も塩漬け。誰得なんですかねこれ?潔癖症のゼロリスク症候群の人たちが大喜びするだけじゃん 都議会「百条委員会」設置で合意 豊洲移転 (日テレNEWS24) - https://t.co/LqxDI2MpO5

    10:01:22 - 2017/02/21

  • Retweeted jo shigeyuki (@joshigeyuki): 「終身雇用こそ正しい、社員は家族です」って言ってるトップと話したら妊娠した女子社員と病気休職した社員は辞めさせるって言ってて、家族じゃないんですかって聞いたら「貢献しない人間はそもそも家族じゃないでしょう」って言われたことあります。ザッツ村社会。 https://t.co/hoWbXNAuAL

    16:13:35 - 2017/02/08

  • 戦前の日本人の方がまだアメリカという国の何たるかを知っていたということなのか。 RT トランプの「ジャクソン主義」について - アゴラ https://t.co/UIBIZo9d9t

    17:43:01 - 2017/02/06