タグ:意識化

新聞社と愚かな大衆という共同正犯

Comments (0) | Trackbacks (0)

特定秘密保護法案を巡ってのマスコミの反対の大合唱の茶番劇ぶり、また、これに踊らされて3000人以上もの人権派を自認する学者たちが声明を発表して、その“人権派”というのが如何に薄っぺらなものであるかを自ら露呈してみせたという点は多くの冷静な人達の嘲笑の的になったので改めて云々する必要はないと思います。 ただ、これに関しての以下に引用する池田信夫氏の記事内の記述で、改めて取り上げて強調しておくべきと感じた点を述べます。 日本のメディアは国家権力と闘ってきたのか? 特定秘密保護法案に反対する記者クラブの偽善:JBpress(日本ビジネスプレス) http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39365 それは「読者が不買運動を始め、 ...続きを読む

I could try to understand you...

Comments (0) | Trackbacks (0)

この動画自体どうこうではなく、附されているコメントを追っていって「なんだかなぁ」と思う点を述べます。 コメントを追っていくと、この差別をなくせと言っていると受け取っている人や、「アメリカの方が人種差別酷いじゃないか」とか「白人が有色人種を差別するのには触れていなくて白人が差別されると騒ぐのか?!」というようなコメントを寄せている人がそこそこ居ます。 素直にこの動画を見れば投稿者であるkanadajin3の意図は「こういう事実があることを知って下さい」と言っている以上でも以下でもなくて、これが差別であるとか、差別だからなくせとか言っていません。続きを読む

生活保護を白眼視しても意味はない

Comments (0) | Trackbacks (0)

その「自分達が選択した」各施策が誤りだったと、単に誤りだったというだけでなくこれからの世代の足を引っ張り/搾取する仕組みになっているということが明らかになった今、その全てを返上しご破算にするのが道理というものだろう。有り体に言えば「自分(達)のケツは自分(達)で拭け」ということだ。続きを読む

疑うのは何のためか

Comments (0) | Trackbacks (0)

結論を最初に書いてしまえば「信じるため」です。「信じるに足るものは何かを見極めるため」です。 処が「疑うために疑う」人がなんと多いことでしょう。 これは心理学的考察によればそれなりの蓋然性があって、確証バイアス(Confirmation bias)と呼ばれるものの影響が強くあると考えられます。 確証バイアスとは、先んじて持っている何らかの心理的コンディション、これに合致またはフィットするものを優先的に重視し、かつ、正反対の否定、批判、反証するものを不合理に軽視または全く無視する心理作用のことです。これの厄介なのは、いま「心理コンディション」と書いたように、信念や信仰、信条のような既に強固に形成されているもののみならず、印象やムード、その瞬間の刹那的な感情 ...続きを読む

幸福とは何か・・・少なくとも「不安」が少ないことではない

Comments (0) | Trackbacks (0)

“本丸”としての労働市場改革:書評『デフレーション』 --- 城 繁幸 : アゴラ - ライブドアブログ http://agora-web.jp/archives/1525128.html 「希望」と「不安」は、やじろべえの左右の錘(おもり)の如く。光と闇の如く。 一方が弱れば他方も存在が薄くなる。 不安の芽を事前に摘んで最小化するのが好いことだと信じた結果、実は希望も最小化しているという現実。 両者が上述の通りの相補関係にあると知っていれば実に当たり前なことなのだが。 相補関係にあるのでこの全く逆も真なりで、希望をやたらと膨らましすぎるのも悪い結果になる可能性「も」脹らませていることになるので両者をバランスさせていくのが肝心と、ここまではわかるのだが。 ...続きを読む

批判を非難と受け取る(勘違いする)人が多いのはなぜか

Comments (0) | Trackbacks (0)

岩田 健太郎 医師の言葉を借りるなら、個人の「好き嫌い」の問題を「正邪」の問題にすり替えた瞬間に、問題の本質は隠蔽され、客観的な視点を失う。— tackさん (@this_is_tack) 1月 9, 2013 それは殆ど心理的癖のようなものと言ってよく、カーネマンはこれをシステム1と呼んでいる。 議論とは相手を言い負かすことだと思っている人が多く、上記事実の認識なしに不毛な言い争い(彼らはそれを議論だと思っている)が多く展開されている。この裏返しとして純粋な批判を非難だと受け取り逆上したり無意味に傷付いたり凹んだりする人も多いのだと思われます。 RT http://goo.gl/w6ZMD @this_is_tack @georgebest ...続きを読む

コッポラの胡蝶の夢 [映画評]

Comments (0) | Trackbacks (0)

この記事はfacebookのタイムラインに9/9に投稿したものに加筆修正した転載です。 立川志らくさんが大大大推奨してたのだが映画館での上映は結局東京の(名画座的な)一館のみで終わってしまい、仕方なくDVDは結構前に入手してたのだが、気軽に観れる映画ではなく迂闊に観ないほうが良いと思って今日に至っていた。 観られる条件(心情的なものも含む)が整ってやっと鑑賞した。  良かった。 流石コッポラ。 流石ルーカスの師匠なだけあると思わせるルーカスに通底する構成のセンスを随所に感じた。 我々人間が「我」と思っている自我意識と呼ばれる(呼んでいる)もの自体が突き詰めればフィクションである。そのフィクションが実在だと思い込める一つの大きなファクターが「時間」。 時の ...続きを読む

これを危ないと感じない人はあぶない

Comments (0) | Trackbacks (0)

日中戦争から太平洋戦争に突っ走っていった日本は、ナチスドイツのように凶悪な独裁者が居たのではない。 のに何故無謀な戦争に傾いていったのか? それは深く考えずに目先の「かっこよさ」「威勢の良さ」で正義を語る愚かな大衆世論、威勢が良くてかっこいいのが正義だと共感してしまう幼児的正義観をもった大衆世論、これに政治家もマスコミ(新聞社)も迎合し流されていっている内に「これに逆らえない空気」が出来上がってしまって、気が付いた時には抜き差しならない状況になっていたというのが真相。大衆が安直に支持する正義は十中八九(いや99%)真の正義ではなく、この幼児的正義である。実はそう断言を簡単にできるほど正義とは簡単な問題ではない[1] が、少なくともそのくらいに警戒しておい ...続きを読む

私がなぜ原子力発電推進なのか

Comments (0) | Trackbacks (0)

私がなぜ原子力発電推進派なのか簡潔に示します。 これから世界は、中国、インド、そしてアフリカ諸国が繁栄の方向へ向かおうとしていることで爆発的に電力を必要としてきつつある。 日本を含めいわゆる先進国はこの二世紀の間、化石燃料を潤沢に使って社会を繁栄させて来た。 原子力発電という選択肢を無くすと、彼らには化石燃料(特に安価な石炭)という選択をするしかなくなる。 そうなると地球温暖化、地球規模での大気汚染の問題は今以上に深刻な問題になる。 今までの二世紀にわたって先進国はさんざん化石燃料を消費して我が世の春を謳歌して来(しかも,その間は欧米列強諸国以外にとっては植民地化されていた歴史でもある)ておいて彼がその番になった時に「地球環境保護」の美名の基にこれに制限 ...続きを読む

将来の出来事を正確に予測する人に自分の情動や感覚に高い信頼を置いている人が多い

Comments (0) | Trackbacks (0)

自分の情動や感覚に高い信頼を置いている人ほど将来の出来事を正確に予測する! | 現代ビジネス [講談社]http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31975 或る種の、それも大いなる誤解を呼ぶ伝え方で、この意味で間違っています。 正しくは「将来の出来事を正確に予測する人に自分の情動や感覚に高い信頼を置いている人が多い」です。 言い換えると、高い信頼を置くに足る『「洗練された」情動や感覚』を持っている人は将来の出来事を正確に予測する人である可能性が高い、ということです。 つまり『"高い信頼を置くに足る"「洗練された」情動や感覚を持っている』かどうかが最重要ポイントで、これはつまり、意図してかせずかは何れにせよ、情動や感覚が洗練 ...続きを読む

占い依存症になりやすい人

Comments (0) | Trackbacks (0)

先週金曜日(2012年1月17日)フジテレビ「とくダネ!」にて取材VTRが放送されました。この取材の前日にも週刊「女性自身」に電話取材を受け、こちらの記事は今週発売号(2月21日発売 2528号)に掲載されています。 どんな内容になっているか確認はしていないですが、ちゃんと書いたページを用意しておけば(万が一真意とは違うように編集されていても)誤解しない人は誤解しないと思いますので、このページを掲載します。 基本的に取材インタビューに答えるために用意した下書き原稿で、擲り書きです(多少は整えていますが)。最初から読んで貰うことを前提に文章を書き出したのとは違い散発的、羅列的で読み難いかも知れませんが、ご勘弁を。 当然ながら、オセロの中島知子さん個人につい ...続きを読む

放射線研究、生物学の専門家の方へお願い

Comments (0) | Trackbacks (0)

専門家もしくは専門家発表の論文等の情報をご存じの方へお願い。 以下の情報を知りたく、もし存在するなら、その情報自体または情報へのアクセス手段をご教授下さい。 「人体への健康リスク」を基準としてした場合(同程度の人体への健康リスクで見積もった場合)の、 「放射性物質」 「石炭燃焼に伴う廃棄物(排煙等も含む)」 「石油燃焼に伴う廃棄物(排煙等も含む)」 それぞれの、自然環境へ暴露された場合の、 生態系全体への悪影響度の評価


Facebook Status

  • Retweeted 堀江貴文(Takafumi Horie) (@takapon_jp): もう完全に泥沼化ですね。築地の土地は塩漬け。豊洲も塩漬け。誰得なんですかねこれ?潔癖症のゼロリスク症候群の人たちが大喜びするだけじゃん 都議会「百条委員会」設置で合意 豊洲移転 (日テレNEWS24) - https://t.co/LqxDI2MpO5

    10:01:22 - 2017/02/21

  • Retweeted jo shigeyuki (@joshigeyuki): 「終身雇用こそ正しい、社員は家族です」って言ってるトップと話したら妊娠した女子社員と病気休職した社員は辞めさせるって言ってて、家族じゃないんですかって聞いたら「貢献しない人間はそもそも家族じゃないでしょう」って言われたことあります。ザッツ村社会。 https://t.co/hoWbXNAuAL

    16:13:35 - 2017/02/08

  • 戦前の日本人の方がまだアメリカという国の何たるかを知っていたということなのか。 RT トランプの「ジャクソン主義」について - アゴラ https://t.co/UIBIZo9d9t

    17:43:01 - 2017/02/06