タグ:空気としてのマインド

新聞社と愚かな大衆という共同正犯

Comments (0) | Trackbacks (0)

特定秘密保護法案を巡ってのマスコミの反対の大合唱の茶番劇ぶり、また、これに踊らされて3000人以上もの人権派を自認する学者たちが声明を発表して、その“人権派”というのが如何に薄っぺらなものであるかを自ら露呈してみせたという点は多くの冷静な人達の嘲笑の的になったので改めて云々する必要はないと思います。 ただ、これに関しての以下に引用する池田信夫氏の記事内の記述で、改めて取り上げて強調しておくべきと感じた点を述べます。 日本のメディアは国家権力と闘ってきたのか? 特定秘密保護法案に反対する記者クラブの偽善:JBpress(日本ビジネスプレス) http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39365 それは「読者が不買運動を始め、 ...続きを読む

アメリカ人は空気が読めないの嘘

Comments (0) | Trackbacks (0)

「アメリカ人は空気が読めない」と思っている日本人は結構多いように思います。はっきり言ってこれは嘘です。 例えば有名どころでは大前研一氏がその著書内で「うちの奥さんは典型的アメリカ人といって差し支えないが、家では“あれ”,“これ”,“それ” あとは目線の送り方、目配せで大概のことは阿吽の呼吸でわかってくれる。つまり“察する”という能力はないというのは全くの嘘だということだ」というような内容のことを書いています[1] が、個人的にもアメリカ人はじめ欧州諸国人との付き合いを通じて同感に思います。彼らの察する能力が特段劣っているとは思いません。察し察しられという関係の根っこにあるのは感情だと気付いていれば、彼らには感情は無いという荒唐無稽なことを信じでもしていな ...続きを読む

幸福とは何か・・・少なくとも「不安」が少ないことではない

Comments (0) | Trackbacks (0)

“本丸”としての労働市場改革:書評『デフレーション』 --- 城 繁幸 : アゴラ - ライブドアブログ http://agora-web.jp/archives/1525128.html 「希望」と「不安」は、やじろべえの左右の錘(おもり)の如く。光と闇の如く。 一方が弱れば他方も存在が薄くなる。 不安の芽を事前に摘んで最小化するのが好いことだと信じた結果、実は希望も最小化しているという現実。 両者が上述の通りの相補関係にあると知っていれば実に当たり前なことなのだが。 相補関係にあるのでこの全く逆も真なりで、希望をやたらと膨らましすぎるのも悪い結果になる可能性「も」脹らませていることになるので両者をバランスさせていくのが肝心と、ここまではわかるのだが。 ...続きを読む

批判を非難と受け取る(勘違いする)人が多いのはなぜか

Comments (0) | Trackbacks (0)

岩田 健太郎 医師の言葉を借りるなら、個人の「好き嫌い」の問題を「正邪」の問題にすり替えた瞬間に、問題の本質は隠蔽され、客観的な視点を失う。— tackさん (@this_is_tack) 1月 9, 2013 それは殆ど心理的癖のようなものと言ってよく、カーネマンはこれをシステム1と呼んでいる。 議論とは相手を言い負かすことだと思っている人が多く、上記事実の認識なしに不毛な言い争い(彼らはそれを議論だと思っている)が多く展開されている。この裏返しとして純粋な批判を非難だと受け取り逆上したり無意味に傷付いたり凹んだりする人も多いのだと思われます。 RT http://goo.gl/w6ZMD @this_is_tack @georgebest ...続きを読む

これを危ないと感じない人はあぶない

Comments (0) | Trackbacks (0)

日中戦争から太平洋戦争に突っ走っていった日本は、ナチスドイツのように凶悪な独裁者が居たのではない。 のに何故無謀な戦争に傾いていったのか? それは深く考えずに目先の「かっこよさ」「威勢の良さ」で正義を語る愚かな大衆世論、威勢が良くてかっこいいのが正義だと共感してしまう幼児的正義観をもった大衆世論、これに政治家もマスコミ(新聞社)も迎合し流されていっている内に「これに逆らえない空気」が出来上がってしまって、気が付いた時には抜き差しならない状況になっていたというのが真相。大衆が安直に支持する正義は十中八九(いや99%)真の正義ではなく、この幼児的正義である。実はそう断言を簡単にできるほど正義とは簡単な問題ではない[1] が、少なくともそのくらいに警戒しておい ...続きを読む

なぜいじめはなくならないのか

Comments (0) | Trackbacks (1)

この問題を抜本的、包括的に、また広く説得性のある論理を展開出来るほど問題自体が簡単ではないし、また、私の考えもそこ遥かに及ばない低レベルにしか錬れていない。この意味で看板に偽りありのエントリーです。 今段階書ける(言語化できる)だけの範囲を書くと、 まず実践面(実用面)でいえば、「傍観者の排除」これが取り敢えず「手が付けやすくて」「実効性がある」という意味で大事。 より具体的にいえば、傍観者でいること自体が加担者なのであるという点、傍観者でいること自体が罪であるということを社会的コンセンサスとしてきちんと確立するべきである。 ここでいう傍観者は、文字通り傍観者・・・見て見ぬフリをする者、遠巻きに傍観しているだけの者・・・だけでなく、直接加害には加わらない ...続きを読む

「金で何でも買える国」

Comments (0) | Trackbacks (0)

過去にも何度か読んでいた古い記[1] なんだけど今回なんでか琴線に触れた(以前が触れなかったという意味ではない)、tweetしようと思ったのだけど文字数的に収まらないのでエントリーにするです。 日本というのは「金で何でも買える国」になっているのだなぁ、と痛切に思った。 404 Blog Not Found:貧乏な社会で子を産むなhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50955373.html (もちろん「何でも」と言っても道義的、倫理的に対象にそもそもしてはいけないものは含まない、たぶん。) 「金で何でも買える」と「金を出さないと何も手に入らない」は本来的にはイコールではない筈なのに、日本という国は何時の間に ...続きを読む

反|脱原発しても全然安全になんかならない

Comments (0) | Trackbacks (0)

先ずこの動画を見てほしい。この中で印象的なのは「日本人って何でこんなにだらしないのか。と。あれだけの事故を起こしながら反省もしていないし新しい組織も作っていないし、新しいやりかたを"これだ"と示していない」という部分。 つまり大前氏の言わんとしていることは、大小に関らず事故・トラブルが起こった場合に、その原因、問題点を論理的・理性的に分析して改善、改良に繋げるのが理性的大人の取るべき行動であって、誰が悪いだ誰のせいだと吊るし上げる対象探しをするのは子供のすることだということだと言ってよいだろう。 後者は一見「責任追及」であるかに見えて実は「俺は悪くない」「私は悪くない」と責任回避の自己保身の行動である側面の方が強いのである。今、日本のマスコミ(特に朝日) ...続きを読む

流動性とは「バリアフリー化」されているか否か

Comments (0) | Trackbacks (0)

大筋同意できる。特に「雇用の流動性のなさ」の問題は大いに同意できる。 若い世代でネガティブな労働観が増えている! お金儲けは悪だと洗脳され、会社ギライが多い日本人|これからの日本について、自分のアタマで考えよう!|ダイヤモンド・オンラインhttp://diamond.jp/articles/-/16881 それだけに「英語ができないと・・・日本語しかできない人が多いのは問題」的な締めになっているのはどうなのかなぁと思う。英語ができないよりはできた方が良いに決まっているが、「できる or できない」の問題ではなく「世界に対して何処までリーチできるか」の問題が大事・・・つまり単に英語理解力/会話力が身に付いているだけでは大した意味なくて、その後の「それで? ...続きを読む

慣用句の嘘「火のないところに煙は立たぬ」

Comments (0) | Trackbacks (0)

言葉通り、文字通りであるなら間違いではない、その通りなのだが、、、 より正しくは「煙を立たせようと火を点けるヤツが居る」である。 少なくとも、世間一般にこの言葉が囁かれる時の大概はこっち方である。 この言葉を錦の御旗にして噂を広めるのに加担していている人の言葉も十中八九信用できない(煙を立たせようとしている当の本人である場合も)。 燃えやすい乾いた木を燃やせば煙は大して発生せず、煙が盛大に立つのは寧ろ燃えにくい生木である。 実際、ネイティヴ・アメリカンや戦国時代の武将は、狼煙を上げるためには、乾いた木や油を使って火を或程度以上起こしてから、これに生木をくべた。 生木に火を点けようとしてみたことのある人なら分かるだろうけど、生木はちょっとやそっとのことでは ...続きを読む

非正規雇用($value) = s/貧乏/貧乏でない/g

Comments (0) | Trackbacks (0)

誤った世論が形成される(既にかなり誤った世論が形成されており、これが助長されると言う方が正しいが)と思うので批判を加えておきます。 あなたの隣にもいる「貧困女子のビンボー生活」 | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32064 以前にも「現象としての男女差別を駆逐しても女性は幸せになれない」で紹介した以下 池田信夫 blog : [中級経済学事典] 評判メカニズム http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51301157.html を読んで頂ければ分かる通り、「非正規雇用==貧乏」∴(ゆえに)「s/非正規雇用/正規雇用/g するのが正義」 ...続きを読む

恐れるべきは恐怖に憑依されること

Comments (0) | Trackbacks (0)

32年も前に発っせられていた警句が、今頃になって我々の心に突き刺さるとは、、、ニール・ピアトさん脱帽です。 "Witch Hunt (Part III of Fear)" Lyrics by Neil Peart続きを読む


Facebook Status

  • Retweeted 堀江貴文(Takafumi Horie) (@takapon_jp): もう完全に泥沼化ですね。築地の土地は塩漬け。豊洲も塩漬け。誰得なんですかねこれ?潔癖症のゼロリスク症候群の人たちが大喜びするだけじゃん 都議会「百条委員会」設置で合意 豊洲移転 (日テレNEWS24) - https://t.co/LqxDI2MpO5

    10:01:22 - 2017/02/21

  • Retweeted jo shigeyuki (@joshigeyuki): 「終身雇用こそ正しい、社員は家族です」って言ってるトップと話したら妊娠した女子社員と病気休職した社員は辞めさせるって言ってて、家族じゃないんですかって聞いたら「貢献しない人間はそもそも家族じゃないでしょう」って言われたことあります。ザッツ村社会。 https://t.co/hoWbXNAuAL

    16:13:35 - 2017/02/08

  • 戦前の日本人の方がまだアメリカという国の何たるかを知っていたということなのか。 RT トランプの「ジャクソン主義」について - アゴラ https://t.co/UIBIZo9d9t

    17:43:01 - 2017/02/06