アーカイブ:2006年2月

天皇制の意味・・・キリスト教徒の視点から

Comments (7) | Trackbacks (0)

 今日のエントリーは私のキリスト教徒としての信仰告白みたいもので、この延長線上として主にカトリック教徒に向けて書いたものです。 故に、キリスト教と関係の無い方、キリスト教に無関心な方には退屈な内容を含んでいる可能性があることを予めお断わりしておきます。 紀子さまのご懐妊を受けて一旦沈静化した感のある皇室典範改変議論であるが、色んな人が色んな立場で色んな事を言っていて、それぞれに対して、当然私個人の思想や価値観と照らし合わせて、納得が行ったり、反対に「何じゃ?これ」と首を傾げるもの、まぁそれぞれにそれぞれ意見があったりはするのだが……何が何でも天皇制を拒否し天皇制崩壊という結果さえ成就できれば良いと考えているアナーキストの意見と、何が何でも天皇制を護持しさ ...続きを読む

障害者に優しい社会とは? 優しいってどういうこと?

Comments (3) | Trackbacks (0)

 前々回のエントリー「論点がズレる時・・・ユング心理学「タイプ論」の観点より」で取り上げた話題の当人の片一方であるMacskaさんのブログに於いて「障害についての意識調査というかクイズ」という題した以下のようなエントリーがアップされた。 現実にあった話を元にした問題です。 車椅子使用者を多数含む障害者の団体が列車で旅行に行くことになりました。ところが列車は普段のままでは車椅子のまま乗れるようになっていません。車椅子を使用する人が少人数であるときは、座席の一部だけ取り外して乗せることになっているのですが、これだけの団体が乗るためには一車両丸ごとほとんどの座席を取り外す必要があります。……以下略(本体を参照してください) 彼女のもう一つのブログである「mac ...続きを読む

オモロイPodcast見付けた!ビンゴ!・・・「モモ&YOU☆の声日記」

Comments (0) | Trackbacks (0)

参加している

論点がズレる時・・・ユング心理学「タイプ論」の観点より

Comments (5) | Trackbacks (0)

少し前、この年初早々から「林道義のホームページ」と「macska dot org」の二者間で激しい論争になっていた。 今は一段落した感があるので、却って落ち着いて検証できると思うので未読の方は両者をきちんとバランス良く読んでみて欲しい。「生物学基盤論を唱えながらジェンダーフリー教育の弊害を叫ぶ矛盾」「「生物学的根拠説」に立ちながら「ジェンダーフリー教育の弊害」を言うのは「矛盾」か」 その持論、価値観、考え方等には、両氏それぞれに対して言いたいこと、批判したいことはあるのだが、今日はそれには触れない。 上記のリンクから辿って両氏の言い分をキチンと読んだ人なら同感してくれるだろうが、両氏の間には、その論理の依拠する立場とか、価値観、美意識とか、世代によると思 ...続きを読む

ブログことはじめ

Comments (0) | Trackbacks (0)

 遅ればせながらブログというものを始めてみることにした。 というか、こういうテクノロジーがある事は随分以前から知っていて、自慢じゃないが(と言う時は大抵自慢だ)Perlを使ってのスクリプトはそこそこ組める。オブジェクト指向プログラミングの概念もアウトラインは理解してる。ので、自作のものもモジュール化して統合性のあるシステムを構築している(素人の言う「統合性」だからたかだか知れてはいるが。。。)。 だから、このテクノロジーの正体(本当はも一個あるんだけど、、、)がMovableTypeと呼ばれるものである事も知っている。 そうだ!(と思い出して突然話は脱線) 「ブログ=MovableType」じゃないんだよ! みんな知っている?! いつの間にか、という間も ...続きを読む