Tag-Archive for » iPhone iOS7 «

連絡先iCloud同期で項目「iCloud」が複数に増殖する

OSX 10.9.2 Mavericks の以下の不具合を発見しAppleへフィードバックしました。

  • 連絡先(Contacts.app)のiCloud同期をオンにしていると時間の経過と共に、項目「iCloud」が、最初は二つに、やがて三つに、と複数に増殖する。
  • 連絡先(Contacts.app)内の初期設定:アカウント を確認すると「iCloud」アカウントが複数登録されている状態になっており、この余分なアカウントを削除しようと操作するとシステム環境設定のiCloud項目から削除するよう誘導されるも、システム環境設定:iCloud 内では複数アカウントが重複していないので重複を解消することが出来ない。
  • 仕方なくiCloud自体を一旦オフにし、同期項目を削除 → 暫時経過後改めてiCloudをオンにすると一旦は重複していない状態で復帰するが、暫く時間が経過するとやはり重複状態になっている。
  • この現象は、Mac OS X を Mavericks にアップグレードしてから発生するようになっている。

拙環境
・iMac 21.5-inch, Mid 2010
・ソフトウェア OS X 10.9.2(13C64)
・連絡先(Contacts.app) バージョン 8.0 (1369)

同現象を確認した方のご意見お寄せ下さい。また、各々Appleへフィードバックを入れて頂けるとありがたいです、Appleユーザ全体の利益にもなると思います。

フィードバックは以下から → http://www.apple.com/jp/feedback/iphone.html


その後:iPhone iOS7 メッセージ.app の連絡先参照が不正

前回エントリーのその後の追跡結果の報告です。

iPhone iOS7 メッセージ.app の連絡先参照が不正

前回「姓名が逆転しているものとしていないものがある」と書きましたが、その後の調査で、

  • 相手がiPhoneまたはiPadで
  • iMessageをオンにしている場合にのみ発生する

ということが判りました。 つまり逆に言えば「相手がiOSユーザではなく」または「iOSユーザでもiMessage機能をオンにしていない場合」は発生しない。ということです。

更に色々と改善策はないかとiPhoneを操作していると気付いたのが、SMS/MMS(メッセージ.app)上で右上の「連絡先」 → 「i(丸囲みのi)」 → 「編集」をタップして開く画面の中、下の方に「連絡先とリンク」というタップできる項目があり、「何じゃこれ?」と思って、試しにこれをタップすると連絡先.app に登録されてある通りの情報が流し込まれて正常になりました。但し、ニックネームに関しては正しく反映されないものが幾つか残る状態で不完全。

この一連の動きから推察して、iOS7からの仕様変更で、iMessage経由での送受信相手の連絡先情報は、連絡先.app を直接参照利用するのではなく、“連絡先カード”のような中間ファイルを生成してこれを利用する仕様になったようだと。そして、この中間ファイル生成時に姓名の順序を誤って流し込んでしまうというバグになっているのであろうということです。

何で、こういう回りくどい仕様に変更したのかは謎。 仕様変更は何らかの意図があってのことだろうと納得はして、動作チェックをちゃんとしてからリリースして欲しいものです。


2013年10月9日追記
前のエントリーと合わせた二つの記事を読んだiPhone使用の友人の多くから「ウチではそんな症状出てないよ」という声ばかりが寄せられ、またAppleユーザの強い味方
“拝啓 アップル様”… http://homepage1.nifty.com/nojiri/
の運営者:野尻隆裕さんにも報告し検証して貰った処「症状再現しませんでした」とのことで、「あれ?(・_・?)」と何が原因なのか分からなくなって振り出しに戻ってしまいました。
原点に戻って、再度 SMS/MMS(メッセージ.app)上で右上の「連絡先」 → 「i(丸囲みのi)」 → 「編集」をタップして開く画面の中の中をしげしげと観察し直してみると、「リンク済みの連絡先」として iCloud と共に Google連絡先 が何故かリストアップされている。「もしや、これか?」とiPhoneの設定:メール/連絡先/カレンダー の中をチェックしてみると、Googleのアカウントに於いてメール以外に連絡先も有効になっている(した覚えはないのだが)。これを開いて無効に(メールだけ有効の状態に)したら姓名の表示順、ニックネームが有効に・・・つまり正常に・・・なり、ここが犯人だとわかりました。
でも反対に考えると、私の場合Google連絡先は念の為のバックアップに確保してあるだけで普段は使わないから、これをオフにして解決してめでたしめでたしで良いけども、Google連絡先とのリンクを積極的に使っている(使いたい)人は、困るわけで、、、この姓名表示順、ニックネームが無視される、のはGoogle連絡先の仕様との兼ね合いでしょうから、使っている人はGoogleにフィードバックを入れた方が良いでしょう。

“連絡先カード”のような中間ファイルを生成する仕様に変更になったのは、どうもGoogleアカウントの連絡先ともリンクすることが出来るようにした為、セキュリティの観点から直接連絡先にリンクさせないようにした為ではないかと推測します。
また、「iMessage使用ユーザにだけ影響がある」かのように見えたのは、私がGoogleの連絡先にも登録してある人が、たまたまiMessage使用ユーザだけだったという偶然によるものだったみたいです(断言できるほど確証はないです)。


iPhone iOS7 メッセージ.app の連絡先参照が不正

昨日に続きiOSの問題をもう一つ見付けてしまいました。今度の明らかにバグです。

iOS 7 からの現象

  1. SMS/MMS(メッセージ.app)上での送信元の表示が姓名逆転している場合がある(全てではない)。
  2. 連絡先.app から当該のカードを参照すると「姓欄には姓が」「名欄には名が」正しく入っている。よみがな、ニックネーム(登録してある場合)も適正に入力されている。
  3. 同じものをSMS/MMS(メッセージ.app)上で右上の「連絡先」 → 「i(丸囲みのi)」 → 「編集」をタップして開く画面では、「名が姓に」「姓が名に」に本来のものと逆転した状態で反映されている。また、よみがな、ニックネームが欠落している。
  4. 姓名逆転せず正しく表示されているものの同じ画面を開くと(当たり前だが)全ての情報が正しく(連絡先.app の通りに)格納されている。

以上の現象からメッセージ.appが正しく連絡先情報を参照できていない(参照時に姓名、ふりがな等の関連付け機序を間違って読み込むバグ)ものと判断されます。

Appleさん、早急にバグ・フィックを。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。