アーカイブ:2013年7月

I could try to understand you...

Comments (0) | Trackbacks (0)

この動画自体どうこうではなく、附されているコメントを追っていって「なんだかなぁ」と思う点を述べます。 コメントを追っていくと、この差別をなくせと言っていると受け取っている人や、「アメリカの方が人種差別酷いじゃないか」とか「白人が有色人種を差別するのには触れていなくて白人が差別されると騒ぐのか?!」というようなコメントを寄せている人がそこそこ居ます。 素直にこの動画を見れば投稿者であるkanadajin3の意図は「こういう事実があることを知って下さい」と言っている以上でも以下でもなくて、これが差別であるとか、差別だからなくせとか言っていません。続きを読む

音を破壊し、そして創造し直した者

Comments (0) | Trackbacks (0)

素直に弔慰を表する気持ちにはなれない。 米BOSE創業者のA・ボーズ氏死去 - SankeiBiz(サンケイビズ) http://www.sankeibiz.jp/business/news/130714/bsb1307 ...続きを読む

アメリカ人は空気が読めないの嘘

Comments (0) | Trackbacks (0)

「アメリカ人は空気が読めない」と思っている日本人は結構多いように思います。はっきり言ってこれは嘘です。 例えば有名どころでは大前研一氏がその著書内で「うちの奥さんは典型的アメリカ人といって差し支えないが、家では“あれ”, ...続きを読む

貧困層の固定化を欲しているのは誰か

Comments (0) | Trackbacks (0)

資本主義を前提とした自由主義経済を内包する自由主義とは、経済を含む社会一般の活動への国家の介入はルール整備 ((ルール整備と規制を同一視している人は多いが本質的に違う)) の最低限度に止め基本自由にさせる。また、そのルール自体も社会の新陳代謝を阻み固定化を促すようなものは極力避ける ((ルール整備のつもりで規制をしている例がこの国では非常に多い)) 。その結果経済的格差が生まれることは容認するという主義です。経済活動を自由にさせると、上手く大儲けする人と小さくしか儲けられない人、事業に失敗して無一文になる人が出てくるのは理の当然なので、この「結果の不平等」を肯定しないことは自由主義を肯定しないことと同義なのだということは先ず押さえておくべきでしょう。 では「結果の不平等」は全く問題視しないのか?続きを読む

生活保護を白眼視しても意味はない

Comments (0) | Trackbacks (0)

その「自分達が選択した」各施策が誤りだったと、単に誤りだったというだけでなくこれからの世代の足を引っ張り/搾取する仕組みになっているということが明らかになった今、その全てを返上しご破算にするのが道理というものだろう。有り体に言えば「自分(達)のケツは自分(達)で拭け」ということだ。続きを読む


Facebook Status

  • 深過ぎる「「訳わからんやろ? あんなことを言ってる枝雀は長生きできん。そして、それを理解できるワシも長生きできん…難儀な性分やなぁ」」 RT 【桂春蝶の蝶々発止。】父、二代目春蝶と枝雀師匠 命の意義を問う創作落語のきっかけ https://t.co/bX73moEfFe @zakdesk

    00:24:00 - 2018/08/12

  • 「病的に日本人嫌いの狂人」があのタイミングまでアメリカ大統領だったことが不幸の大きな一端 RT 原爆投下は「人類の悲劇」ではない https://t.co/aEcv5hG8fu @JBpress

    03:01:12 - 2018/08/11

  • 端的過ぎて素敵! RT サマータイムは不可能である - アゴラ https://t.co/lANsergDyN

    02:38:47 - 2018/08/11