カテゴリー:太陽と月のサインでみる占星術

太陽蟹座

Comments (0) | Trackbacks (0)

太陽 = 蟹座 太陽蟹座/月牡羊座(スクエア関係)  かなりお節介な組み合わせで周囲を自分のペースに巻き込もうとする行動パターンが特徴。 これは自分のテリトリーを守る為のいわば自衛策で、開放的人格なのではない。 防御本能が強く「攻撃こそ最大の防御」と考えるというわけ。 自分が心を許している人には心底面倒見が良く、その範囲に居る人には頼り甲斐のある人物。  攻めに徹している内はやたらに威勢が良くお調子者ですらあるが、守りに転じるとじっと身じろぎもせず嵐が去るのを只ひたすら待っているタイプ。 攻めと守りの区別メリハリが利いているとは言えるので、野球の監督的才能があるとは言えまいか? 太陽蟹座/月牡牛座(セクスタイル関係)  普通である事に拘り、ありきたりで誰 ...続きを読む

太陽双子座

Comments (0) | Trackbacks (0)

太陽 = 双子座 太陽双子座/月牡羊座(セクスタイル関係)  何事も自分主導で運びたい気持ちが強いが、その場の雰囲気を壊す事を嫌うので幹事役的性格になりやすい。 ひけらかし屋の面が在り「何のために?」という目的がハッキリしていないで高等教育を受けると嫌な感じの人になる、クイズ王の方に居るような気がする組み合わせである。 言いたいことはストレートに言う。  コスモポリタン的人物で「深く関わり合いながら束縛し合わないという人間関係」を好み、それが理解できない人は距離の取り方に苦労すると思われる。 太陽双子座/月牡牛座  根っからの淋しがりやで幼い時期に親がしっかり肌の温度が感じられるかたちで愛情を惜しみなく与えてやっていないと性格がネジ曲がりやすい。 次から ...続きを読む

太陽牡牛座

Comments (0) | Trackbacks (0)

太陽 = 牡牛座 太陽牡牛座/月牡羊座  強い自己主張性を持ち、と同時に強い現実肯定性を持っているので「如何に社会に自分を割り込ませるのか」に強い関心と異常な執着を示す。 ソーシャルワーカーに多い組み合わせだと思うが、自己の押し出しが強過ぎて偽善的雰囲気を伴ってしまう事は否定出来ない。  P.T.A の役員、町内会の役員など歴任している方に多く見られる組み合わせ、地方議会議員にも多そう。 太陽牡牛座/月牡牛座  何事も自分の経験、体験を通してでしか認識でき辛く理解が遅いので無骨者。 その体験or経験によって得た認識には非常に執着し自信を持つので頑固者。 非常に熱く燃えた炎を内に秘めているが他人からは見えない、逆に見えない事によってその炎が不思議な求心力に ...続きを読む

太陽牡羊座

Comments (0) | Trackbacks (0)

太陽 = 牡羊座  太陽は本人の自覚的、公的部分を司り月は基本気性を含むプライベートに深く関係(母親に代表される親からの影響という意味がある)し無自覚&無意識的です。 牡羊座に限らず太陽&月が共に同じ宮に在位している場合全て共通して言えますが、公私の区別が曖昧になります。 これは太陽の方がイニアチシヴを握っている場合と月の方がイニアチシヴを握っている場合で二つに分かれます。 太陽or月のどちらがより強い影響力を行使しているかは、年齢が幾つか、性別は?という問題と、太陽or月のそれぞれがどういうアスペクトを取っているかによります。 おおよそ男性は太陽、女性は月、年齢が若ければ月(概ね25歳以前)、これ以降は太陽という感じです。 特に10歳前半頃までは性別に ...続きを読む

太陽&月 概論

Comments (0) | Trackbacks (0)

 月&太陽の組み合わせは基本的気性という意味で影響が大きいので、「獅子宮と天秤宮は60度の位置関係だから調和的」というように「宮対宮」のアスペクト感覚で考えると整理しやすいと思います。  アスペクトについては後に詳述しますが、代表的なアスペクトだけ挙げておきます。 ・コンジャンクション 0度 二つの感受点の要素が混じり合い境界線が不明瞭になります。 良い悪い両面がある。 ・オポジション 180度 二つの感受点が相反すると同時に補完し合うという関係で、緊張感は高いが経験を積むことによって乗り越えられる。「経験を積むべく神が与えた試練」と考えるべき、乗り越えるべきアスペクト。 逃げて無視する事が出来るという意味ではスクエアより解決しやすいが、それはイコール自 ...続きを読む

四大エレメントによる大分類

Comments (0) | Trackbacks (0)

取り合えず "太陽" と "月" を見てみよう!  西洋占星術に限らず占いというものは極めれば極めるほど更に奧が深くなる部分があるのですが、そう言っていては入門者の方はいつまでも入り口の前に立たされたままドアが開かれずに放ったらかしにされる形に成りますので、取っつき易さを優先して話を進めて行きたいと思います。 ですので、ある程度以上理解をされている方には「大雑把だなぁ、、、」と思われる部分もあると思います。  昨今「載っていて当たり前」になった雑誌等の「星座占い」ですが、これは生まれた日時の太陽が入座していた星座(正確には「宮」)のみで運勢等を云々している訳です、「けっこう当たっている!」と思う方と「全然当たっていない!」と思う方が居ると思いますが、後者 ...続きを読む

黄道12宮の象意

Comments (0) | Trackbacks (0)

「黄道12宮の象意」には後に挙げる各宮の象意とは別に以下のような幾つかのグループに分けられます、各宮の象意と併せて豊かなイマジネーションでチャートを読む事を心掛けて下さい。 2区分: 男性宮:安直に「男っぽい」のではありません、行動、思考のパターンが男性原理に基づくということです。 女性宮:行動、思考のパターンが女性原理に基づくということです。 3区分: 活動宮:社会を自己との二元論的対立構造で捉える 柔軟宮:社会に同化、付和雷同的 不動宮:社会の中心に自己を置く中華思想的 4区分: 火: 社会の事象を総て自己の延長線上で捉える傾向が強い(客観性が無い)ユング心理学の直観タイプに相当する直観に優れているが、総て自己の物差しを引き合いに出して考える傾向が強 ...続きを読む

各惑星(感受点)の基本的意味

Comments (0) | Trackbacks (0)

あくまで基本的意味なので狭く捉え絶対視しないで下さい。 太陽 Sun(獅子座の支配星) :個人の基本的人格を表すと多くの占星術解説書には言われています。 世間一般で「わたしは○○座」というのはこの太陽が出生時に入っていた星座(正確には「宮」)を指しています。  個人的には「自身は "かくありたい!" と意識が目覚めた時、どういう意識が目覚めるのか」を示唆したもの「この意味での人格(性格)」だと考えます。 意識的にコントロールできる性格というのは「或る範囲内」に於いて意識的に脚色、演出できます。が逆に「或る範囲内」は出られない、この「或る範囲内」。大人になるに連れて出現してくるものですから幼少期には表立って観察されないことの方が多いです。  関連するタロッ ...続きを読む

ホロスコープチャートの読み方序説

Comments (0) | Trackbacks (0)

本稿は1998年初出のものに一部加筆訂正(誤字脱字の訂正、時代に即さなくなった表現の修正)して再掲するものです。 "Chart":航海図  こう訳されるように、個人の生まれながらに持っている特性、気質を読み取って「性格当てクイズ」をやって遊ぶ(これはこれで楽しい事ではありますが、、、)に留まらず「そこから何を学び、どの方向に行こうかを決定する」までに至らなければ "航海図" として活用している事にはならないでしょうし、この事を知らずに悪戯に運命決定論的に「わたしは火星が○○座だから・・・なのだ。」と決め付ける事は自分の存在意義を他律的素因に当てはめ「自分で自分を縛る」事になってしまう危険性をはらんでいます。  あくまで「欠点は長所の裏側」だという認識を忘 ...続きを読む