アーカイブ:2013年5月

動機の純粋性

Comments (0) | Trackbacks (0)

「動機の純粋性」に感動・共鳴してしまう、 "青臭い" ((良い悪い両方の意味)) 美意識は誰しも持っていると思われる。 多分、これは万国共通で、この意味では日本固有の問題とは考えにくい。 ところが日本固有の問題と考えるをスルーできない現実が過去から今も出力されているという点。これは一体何なのか、何故なのか、と、ここが要点だろうと思われる。 続きを読む

後出しジャンケンを認める国に外資は来ない

Comments (0) | Trackbacks (0)

大前さんにしては突っ込み不足という感が否めない。「大前氏にしては」だけど。 「米国化」が進む日本、いずれ「三つ子の赤字」に陥る | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト h ...続きを読む

終身雇用というカルテルこそ問題

Comments (0) | Trackbacks (0)

何を言いたいのか意味不明。非正規労働者のメーデー 「アベノミクスから雇用を守れ」(田中龍作) - BLOGOS(ブロゴス) http://blogos.com/article/61392/ というか論理的に意味が通ってい ...続きを読む


Facebook Status

  • QT 吉村大阪市長バッシング報道:SNSと維新が嫌いなだけでは? - アゴラ https://t.co/wkZLOs6JCl

    03:07:52 - 2018/06/23

  • Retweeted 産経ニュース (@Sankei_news): 米国が国連人権理事会からの離脱を表明したのは、中国など人権を抑圧している国が理事国の地位を隠れみのに他国の人権を語る「恥知らずの偽善」(ポンペオ国務長官)にあらがうためです。 米、国連人権理離脱で中国など「偽善国」に抵抗 https://t.co/BCQsCs3nL9

    19:47:04 - 2018/06/21

  • Retweeted モトケン (@motoken_tw): この日刊ゲンダイの記事は、文書偽造と虚偽文書作成の区別がついていないし、虚偽文書作成と改ざんの区別もついていない。 虚偽公文書作成罪で問題になるのは「改ざんの有無」ではなく「文書の内容が虚偽かどうか」ということ。 森友事件で起訴すべしと言うなら、どこが「虚偽」か指摘する必要がある。 https://t.co/Yh7Tdazb05

    19:41:04 - 2018/06/21