アーカイブ:2013年5月

動機の純粋性

Comments (0) | Trackbacks (0)

「動機の純粋性」に感動・共鳴してしまう、 "青臭い" ((良い悪い両方の意味)) 美意識は誰しも持っていると思われる。 多分、これは万国共通で、この意味では日本固有の問題とは考えにくい。 ところが日本固有の問題と考えるをスルーできない現実が過去から今も出力されているという点。これは一体何なのか、何故なのか、と、ここが要点だろうと思われる。 続きを読む

後出しジャンケンを認める国に外資は来ない

Comments (0) | Trackbacks (0)

大前さんにしては突っ込み不足という感が否めない。「大前氏にしては」だけど。 「米国化」が進む日本、いずれ「三つ子の赤字」に陥る | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20130521/351344/ 国内市場が成熟してくるに連れて国内企業が生産拠点を海外に移すなど「外に出て行く」のは(鎖国でない限り)必定なので、その分を外資に呼び込むことでバランスさせて国の経済を(雇用も)維持していく必要がある、という主要論旨は正しく、個人的にも異論はない。 が、その解決策が「外資を呼び込む工夫や取り組み」か? いや、それらが必要でないと ...続きを読む

終身雇用というカルテルこそ問題

Comments (0) | Trackbacks (0)

何を言いたいのか意味不明。非正規労働者のメーデー 「アベノミクスから雇用を守れ」(田中龍作) - BLOGOS(ブロゴス) http://blogos.com/article/61392/ というか論理的に意味が通っていない。 推測で埋めて意味が通るように考えてみると、どうもこの田中龍作[1] なる御仁の頭のなかでは「有期契約労働者(非正規)と無期契約労働者(正規社員)の差別は固定」されている信仰が大前提になっているみたいだ。 この大前提を置くと「無期契約労働者の労働条件が悪くなる[2] のなら、これに連動して有期契約労働者の労働条件はより一層悪くなる」という結論が導き出され意味が通るからだ。 実際のところは、池田信夫 blog : 非正社員の敵はどこに ...続きを読む