アーカイブ:2013年6月

日本人の理解していないコンセンサス

Comments (0) | Trackbacks (0)

この医師を「酷い」呼ばわりする安易な感情論は簡単に人々の同情を引ける話題提示のしかたなのだろう。 問題は、受精卵 → 胎児の発達過程の「どこからを生命とするのか」の社会コンセンサスを確立する努力を怠ったまま放置しているからだと思う。 わかりやすい例として「妊娠期間中に出産後障害に至るであろう可能性が高いと医学的に判断された場合は中絶すること(出産してはいけない)」という法律になっていたらどうだろう?続きを読む

疑うのは何のためか

Comments (0) | Trackbacks (0)

結論を最初に書いてしまえば「信じるため」です。「信じるに足るものは何かを見極めるため」です。 処が「疑うために疑う」人がなんと多いことでしょう。 これは心理学的考察によればそれなりの蓋然性があって、確証バイアス(Conf ...続きを読む


Facebook Status

  • スキャンダル暴き合戦で足の引っ張り合いにしか関心を示さなかった衆愚が政党政治の萌芽を摘んだ戦前の失敗デモクラシー.戦争突入を招いておいて戦後には被害者面する9条信者達 RT セクハラで空転する国会はデモクラシー末期 - アゴラ https://t.co/Cu49NXNB77

    00:17:45 - 2018/04/24

  • 日本の少なくともポリコレ界隈で言われているセクハラは定義が限りなく拡散していてかなり危険。 RT 福田次官は国際基準でもセクハラなのか? - アゴラ https://t.co/8REcZPeLJp

    23:35:30 - 2018/04/23

  • 原子力それ自体だけでなく、それから派生するであろうものも含めれば膨大な未来を託すべきテクノロジーなのは自明。裸のままでは危険なものにドレスを着せるのがテクノロジー。 RT 原子力人材確保に「ワクワク感を」。ウィルソン氏が会見 | 電気新聞ウェブサイト https://t.co/CZph5qh4Et

    01:27:41 - 2018/04/19