アーカイブ:2012年1月

放射線研究、生物学の専門家の方へお願い

Comments (0) | Trackbacks (0)

専門家もしくは専門家発表の論文等の情報をご存じの方へお願い。 以下の情報を知りたく、もし存在するなら、その情報自体または情報へのアクセス手段をご教授下さい。 「人体への健康リスク」を基準としてした場合(同程度の人体への健康リスクで見積もった場合)の、 「放射性物質」 「石炭燃焼に伴う廃棄物(排煙等も含む)」 「石油燃焼に伴う廃棄物(排煙等も含む)」 それぞれの、自然環境へ暴露された場合の、 生態系全体への悪影響度の評価

橋本行政改革の胆(キモ)の部分

Comments (0) | Trackbacks (0)

20120115 報道ステーションSUNDAY 橋下市長が生出演 part1 投稿者 kigurumiutyuujin 何かと話題になっている2012年1月15日 報道ステーションSUNDAY 橋下市長が生出演 橋下徹市長と山口二郎教授の討論。 【報ステなう。】報道ステーションサンデー「橋下徹×山口二郎」感想まとめ - Togetter : 「橋下氏完勝」とか「山口教授フルボッコ」とか橋下氏の痛快な物言いに溜飲を下げる気持ちはわからなくはないが、そういう痛快さに喝采を送るのがナチスのマッチポンプになった事は忘れてはならず、あまりそういった方へ力点が行って欲しくない。[1] 池田信夫氏が端的に、また大西宏氏はより細やかに分析指摘してくれているが、私なりにな ...続きを読む

御用学者の正体は?

Comments (0) | Trackbacks (0)

放射線被ばく基準の意味 : Global Energy Policy Researchhttp://www.gepr.org/ja/contents/20120109-01/ 「A:無責任な発言をする人」 と 「B:責任ある発言をする人」 このどちらを信用しますか? と訊かれて前者と答える人はまず居ないでしょう。 「2mSv余計に浴びると、200万人の福島県民のうち、がんで亡くなる人が200名増える」と言っていて、その通りにならかった場合、こう発言していた人は「そうならなくて良かったじゃない」と言うだけで済ませれる。責任を問われることはまず無い。 反対に「被曝量100mSv以下では日常的にありふれたリスクの方が大きいので、事実上問題は無い」と言っていて、 ...続きを読む

リスク管理とは:或る科学ジョークを引いて

Comments (0) | Trackbacks (0)

『原発危機と「東大話法」』:池田信夫氏「安冨歩氏への反論*」の分析(1)〜(5)http://ameblo.jp/anmintei/entry-11132924003.htmlリンクは(4)へのもの 池田信夫 blog : 安冨歩氏の知らないリスク・コミュニケーション*http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51767689.html ニ氏のやり取りを一通り読んで、或る結構有名な科学ジョークを思い出した。 男性の数学者とエンジニアを女性と一定の距離で向かい合わせて 「じゃんけんで勝ったら、彼女との距離の半分進むことができる」と告げたら、 数学者は「それじゃあ永久にじゃんけんを繰り返しても彼女との距離をゼロにできない ...続きを読む

尾崎豊を引き合いに出して語る朝日新聞の社説

Comments (0) | Trackbacks (0)

尾崎豊を引き合いに出して語っている朝日新聞の社説が「痛い」とtwitter上で話題になっている。 社説 http://www.asahi.com/paper/editorial20120109.html?ref=any#Edit2 確かに痛いと思う。しかし私がこう思うのは朝日の社説のみならず「痛い」と宣っている意見の殆どに対しても。だ。 あれほど多くの人に受け入れられ支持されていた、とみえていたののに、これほど多くの人に尾崎豊の主張が理解されていなかったのだと分かり愕然としている。 (もちろん、尾崎ファンの人全ての発言を読んだわけではないし、そもそも尾崎ファンの人全てがtwitterで発言しているわけではないだろうから、期待も含めてその他の多くの人は理解 ...続きを読む