Comments (0) | Trackbacks (0)

また惜しい人を一人亡くした。 立川談志師(以下敬称略)である。 彼を天才と呼ぶのは簡単である。実際、天才性は備えていたが。 落語の、というか、噺家の一番大事な真髄だと言える『「キチガイ性」と「理性・知性」のバランス』これ ...続きを読む